厳選!!無料MT4インジケーター配布

移動平均線の使い方

PickUp 移動平均線

移動平均線の向く方向がトレンド方向

上昇の兆し、トレンドを示す

下降の兆し、トレンドを示す

絶好のエントリーポイント到来

後追いのインジケーター

こちらも合わせてお読みください。移動平均線とは


トレンドの方向を見る

傾いた方向でトレンド判断

移動平均線の傾きでトレンド方向が分かります。
チャートは1時間足です。短期は24 長期は72(3日)を使用しています。
(わかりやすいように移動平均線を2本にしました。)


上昇トレンドは右肩上がり
下降トレンドは右肩下がり


もみ合っているときは横向きで移動平均線が絡み合ったりします。
こういう時は、少し様子見をして方向を見極める必要があります。

角度も要注意です!
ピーンと右上に上がっているときは
勢いのある上昇相場です。
そしてすこーし右に上がっているときは
緩やかな上昇相場といえます。

ゴールデンクロス

2本以上のMAを使用してクロスをみる

ゴールデンクロスとは
長期線を短期線が下から上に抜けたことを言います。


ゴールデンクロスすると上昇トレンドに転換か!!と考えるようになるサインです。
それにより、今までとは違う目線でトレードを行うトレーダーが増えてくるポイントとなります。

デッドクロス

デッドクロスとは
長期線を短期線が上から下に抜けたことを言います。
デッドクロスすると下降トレンドと考え
売り目線のトレーダーが増えてきます。

パーフェクトオーダー

3本以上で大チャンス到来!

短期、中期、長期の移動平均線が同じ方向を向いたときは大チャンスの到来です!
良いところで保有できたポジションは
なるべく引き延ばし利益を増やしていきましょう。

↑5分足を使用 3本のデッドクロスで売りエントリー。直近高値に損切りを置き、短期と中期のゴールデンクロスで決済!大チャンスをものにして169pipsの利益発生!!

移動平均線の弱点

ピンポイント狙いには向かない!?

移動平均線はとてもシンプルに相場状況を判断できるツールとして、長く、そして広く利用されている代表的なインジケーターです。
そのため愛用者も多く、だからこそ効果的に使う事ができるのですが。。。

弱点もお伝えしなければなりません。
それは、価格の変動に対して移動平均線の反応が遅れ、シグナルに必ずタイムラグが発生することです。

移動平均線は、その計算方法から一目瞭然ですが、過去の終値の影響を直接受けるため、
常に後追で変動します。決して先行することはありません。
そのため、移動平均線でピンポイントにトレードポイントを見極めることは難しいでしょう。
ゴールデンクロス、デッドクロスを見た後「優位なところに引き付けてから狙い撃つ」というように調整をしてください。

ゴールデンクロスしたときは、相場にも勢いが出ていることが多いので、その波が少し落ち着き、次の安値を付けたところで「買いエントリー」をするようにしてください。あくまでも急いで飛び乗りは禁止です。


1時間足チャートを使用。移動平均線を抜け出した勢いのあるロウソク足に飛び乗って痛い目にあったことが多々あります。
そのロウソク足が実は天井で、待ち構えたように撃ち落されることも想像しなくてはなりません。
そこで一旦間をおき、移動平均線に支えられるように反発した場所でエントリーすれば、リスクは断然小さくなります。
短期線をまたいで押し戻されたあたりで決済。
あまり動いていないように見えますが、1時間足のチャートですので、これだけで80pipsの利益を獲得できました!

移動平均線のインジケーター ダウンロードはこちらから 

Don`t copy